NISAとはどのような仕組みになっているか

NISAとは、少額投資非課税制度の愛称で、英語名の頭文字を組み合わせて生まれた造語です。日本語名では言いづらいので、主に愛称でその名が広まっています。2014年度から新たに創設された制度で、個人の投資を促すために、欧米の投資システムを参考につくられた制度です。日本人の個人金融資産は数千兆円にも及ぶ膨大な金額ですが、その大半は預貯金として金融機関に預けられており、投資に活用されている金額はごくわずかです。政府は、投資の量を増やすことによって経済活動を活性化しようと目論んでいます。NISAとは、日本の景気を回復させるためのカンフル剤として政府の肝入りで導入されたシステムなのです。当初は5年間限定の制度として運用がスタートしましたが、政府の想定どおりに投資が進まなかったために、今では期間の延長が検討されています。また、NISAとは少額投資を促す制度なので、投資の上限額は百万円までと定められています。投資上限額を決めているのは良い事ですね♪青天井にすると闇金とかでお金を借りてまでのめり込む人もいることでしょうから…ヤミ金 取り立てに泣く人が増えないのがいい事です。

NISAとは少額投資非課税制度の事を言います

2014年から始まったのが、NISAです。海外では、すでに始まっているので当たり前の制度ですが、日本では今の期間に試験的に取り入れられています。最近では、NISAが始まる事で、投資に注目が集まっているのではないでしょうか。扱っている銀行などが揃って口座の開設をしてもらう為に、キャンペーンを行っているのです。NISAとは、少額投資非課税制度の事を言います。平成26年から平成36年までの10年間で毎年100万円まで投資額の範囲であれば、株式投資や投資信託は非課税になるのです。各非課税投資枠の非課税期間は最長5年間でして、非課税投資総額は最大500万円となります。ただし、少額投資非課税制度を利用する場合は、NISA専門の口座を作る必要があります。また、今までの口座とは別の扱いになりますので、違う口座との通算も出来ません。少額投資非課税制度は、5年間で100万円までが非課税なので、長期保存の投資には良い制度ではないでしょうか。

NISAの口座開設は楽天証券で行いましょう

NISAを始めるには、まず証券会社に口座を開設しなくてはなりません。各証券会社では、顧客を獲得するために、いろいろな口座開設キャンペーンを設けています。口座開設から一定期間内に資金を入金したり、取引を始めると報奨金がもらえるという、嬉しいキャンペーンが多いです。キャンペーンの内容や金額は各会社によって異なるので、証券会社選びの際の参考にすると良いでしょう。また、NISAの口座は一つの証券会社にしか開設できません。いったんNISAの口座を開設すると、他の会社で新たに口座を開くことはできないので注意しましょう。いろいろな証券会社がありますが、なかでも便利なのは楽天証券です。楽天のグループ企業ですので財務体質は健全ですし、預かり資産の保証制度もあります。また、楽天銀行に口座を持っていると、楽天証券との間で瞬時に資金移動ができるのも魅力です。普段は楽天銀行に預金しておき、投資の必要性が生じたら、楽天証券に資金を移すだけで良いので簡単です。